大腸がんを早急に治療しよう|完治までの道のり

ドクターとナース

検診で早期の発見を

手

健康診断と検診は違います。大腸がん検診は大腸がんの有無を調べます。便潜血検査を二回行うことになっていて、一回でも陽性反応が出れば、精密検査をすることになります。大腸がんの治療は切除することが多く、内視鏡で行われることになります。

詳しく見る

肛門の近くが多い

患者と担当医

大腸がんはがんが発生する場所によって、その症状も違ってきています。肛門の近くで発生するがんが多くなっています。大腸がんを発見する検診は、以前はほとんど役に立たないものでしたが、現代では正確に検診ができるようになっています。

詳しく見る

日本人で二番目に多いがん

お腹を押さえる患者と先生

欧米式の食生活を改善する

今やがんは国民病といわれるほどで、2人に1人はがんに罹る時代です。色々ながんの中でも急激に増えているのが大腸がんです。年間で10万人が発症するといわれ、国内で2番目に多いがんです。大腸がんの原因ははっきりとわかっていないのですが、死亡率の低い国の人が高い国へ移住すると死亡率が高くなるというデータがあるので、かなり環境や食習慣が影響していると思われます。日本でも食習慣が欧米型になるに従って発症率が高くなっているので、食生活に気をつけることがとても重要です。大腸がんにかかる発症率は肉類や卵や乳製品などの動物性脂肪をとる人ほど高くなり、穀類や豆類を多く摂る人は低くなっています。ですから予防するには、日本の昔ながらの和食にすると効果があります。

早期発見は完治できる

また大腸がんは遺伝的な要素も強くて、直系の親族に大腸がんの人がいるとリスクが高くなります。そのような人は定期検査を行うことで予防する必要があります。またアルコールを飲む習慣のある人もリスクが高くなり、飲酒量が増えるほど発症しやすいというデータがあります。大腸がんは早期に発見すれば内視鏡手術や外科療法によって完治することができます。多少の進行でも手術が可能なら、完治させることが可能です。早期治療するためには初期症状に気をつけることが必要で、便に血が混じっていたり、下痢と便秘を繰り返す時は早めに検査を受けるべきです。がん治療は日進月歩で進化しており、外科療法、化学療法、放射線治療の他にも免疫療法などが取り入れられており、完治しなくてもがん細胞と共存できるような治療法も進んでいます。